もう古語?死語?

もう古語?死語?

古語?死語?

世の中で流行する言葉は、彗星の如く出て来て去っていきます。

作っているのは芸人だったりマスコミ関係だったりと様々ですが、情報伝達の速さと同じくらいのスピードで人々の心から消えます。

ことわざに「人の噂も七十五日」というものがあります。

しかし、今や75日間も持たない時代になってしまいました。

75日は2ヵ月半です。

でも、噂も事件も次から次へと出てくるものだから、1ヶ月持っていい方ではないかと思ってしまうほどです。

本当はそれではいけないはずなのですが…。

だからこそ、一瞬で心地良い流行言葉は、あっという間に古語と化し、数年も経てば死語となってしまいます。

マイナビニュースに「すでに古く感じてしまう、ちょっと前の流行語ランキング」というものがありました。

順位の変動はあるものの、男女とも同じ言葉がランクインしていました。

ランクインしてしまったのは次の言葉たちです。

おっはー

フォーー!

そんなの関係ねぇ~

ラブ注入

ゲッツ!

なんでだろう~

なんと言うか、どれも懐かしい言葉たちです(笑)。

「ラブ注入」なんて、去年辺りはよくテレビで本人が流行らせていたはずですが、既に古い言葉と化しているのですね!

言葉を流行らせた人達は、その人自身が過去の人となっていなくても、「過去の人」と揶揄されてしまうのでしょう。

テレビに出ないだけで「消えた」と言われてしまう世の中ですからね。

本当はテレビに出ないで稼いでいる訳ですけど、世間の人からしたらそうではないという悲しい事実があります。

しかし、こう見てみると「おっはー」はなんとなくそんなに古い感じがしません。

使用していたのが慎吾ママ(香取慎吾)であり、今でも露出度が高いということもあるかもしれません。

でも、この「おっはー」が流行語大賞を受賞したのは2000年のことなんですね!

12年前って…。

一回り下の言葉ですか(笑)。

周りの人が使っていると、ついつい使ってしまうこともありますよね?

でも、それが減ってくると自然に自分の口癖から消えて行くというパターンなのかもしれません。

次々と出てくる流行語ですが、次は一体どんな言葉が流行るのでしょうか?

芸人さんも飽和状態だし、これといって新鮮な珍事件もないし、全く見当がつきません。

オリンピックでも目立った名言はなかったような気がします。

誰が、どんな形で、どのような言葉を流行らせるのかが楽しみです。

アルファロメオジュリエッタ

私の周りではいない

海外サイトの面白記事を紹介するPouchに「女性は子供を持つと記憶力が良くなるという喜ばしい事実が判明!」という記事がありました。

タイトルを読んだだけで、思わず「ホントかよ」と突っ込んでしまいました。

でも、実験の結果なので嘘ではないようです。

欧米でよく使われている言葉に『ベイビーブレイン』という言葉があるそうです。

赤ちゃん優先になってしまう脳のせいで、他のことを忘れがちになってしまう状況をそう呼んでいるそうですが、実験結果によるとそうではないことが判明しました。

新米ママと出産未経験の女性との実験の末、空間認識能力が圧倒的に違ったというのです。

実験の内容はこんな感じです。

1.6つのシンボルを見る

2.記憶にあるものを描く

簡単なようで意外と難しいテストですね!

この実験は何度か行っています。

最初は両者とも変わりがなかったのに、実験回数を増すごとに新米ママの方の記憶力が長けていることが証明されました。

しかし、私の周りにいるママさん達の記憶力はなんともお粗末なものです。

元々持ち合わせているものもあるかもしれませんが、「え?どうしてそんなことしちゃうの?」という珍事件を巻き起こしていることは確かです。

学校の行事(父母会など)を忘れてしまうことは日常茶飯事ですし、子どもの体操着袋を捨ててしまったとか、大切な支払い用紙を捨ててしまったとか、そんなことはしょっちゅう耳にします。

私も最近はボケボケしていることが多くなりましたが、さすがに大きいものを捨てるなんてことはありません。

予定を忘れてしまうなんてこともないです。

だって、手帳に全て書いてあるから。

1日に1回は必ず目を通すようにしているし、重要なことは特に忘れないようにしないといけないから気を張っています。

この実験は、たった1つの実験しか行われていません。

だから、記憶力がアップすると言うにはちょっと早過ぎるのではないかと思ってしまいます。

本当にアップするのであれば、私の周りの子を持つ親達に珍事件など起きないはずですよね?

でも、実際は日常的に起こっています。

お陰で笑わせてもらっていますけどね…(笑)。

一時的なものなのか、それとも実際に脳に変化があるのかを確かめてもらいたいものです。

だからと言って何かに役立つことはないかもしれませんけどね。

実験するなら徹底的にやってもらいたいですね!